自然・健康・安心 - からだによいもの、こころによいもの。スローヴィレッジ

ようこそゲストさま

いらっしゃいませ!ゲスト様 いつもありがとうございます

マイページ

平日 9:00~17:00(土・日・祝日休み)
通話料無料(携帯電話、PHSからもOK)

メニュー
オススメ商品

サンゴに優しい日焼け止め

沖縄出身の呉屋さんが「沖縄のキレイな海を守りたい!」という想いで開発した、 サンゴに有害な成分を含まない、人にも海にも優しい『100%天然成分の日焼け止めクリーム』

「自然素材」で海の環境と肌の安全にこだわる

ジーエルイー合同会社代表 呉屋由希乃(ごやゆきの)さん

日焼けの原因となる紫外線には、大きく分けると波長の長いUV-Aと、波長の短いUV-Bとがあります。このうち肌の健康に強い影響を与えるのが、赤く炎症を引き起こしたり、肌を急激に黒くするUV-Bです。

日焼け止め剤では、APやSPFという記号が数字とともによく示されています。APは波長が長く肌をゆっくり黒化(老化)させるUV-Aを防ぐ数字。SPFはより有害なUV-Bによる赤い炎症をどれだけ長く押さえることができるかという指数です。

夏のマリンスポーツでは後者のSPF指標の高いものが購入の目安になっていますが、覚えておいていただきたいのは使われている成分です。

日焼け止めの主成分には2つのタイプがあります。ひとつは反射によって紫外線を肌に当てないようにする散乱剤。もうひとつが紫外線の光エネルギーを熱に変換する吸収剤です。これらの主成分のほか、肌への浸透性や耐水性を高める成分も含まれています。

一般に効果の高さをうたう製品ほどケミカルな素材が使われています。化学物質に対する感受性は人によりさまざまで、アレルギーを引き起こす場合もあります。私が関心を持っていただきたいのは、肌の安心安全だけではなく、これら化学物質が海洋生物に与える目に見えない影響です。紫外線吸収剤にふれたサンゴはストレスを感じて共生する褐虫藻を追い出し、それが白化(死)につながります。

その働き自体に刺激がある紫外線吸収剤は、どれだけ防水性を高めても海水に溶け出します。陸へ上がるときにシャワーで洗い落とせば、やはり海に流れ込むことになります。

私が開発した『サンゴに優しい日焼け止め』は紫外線散乱型で、主成分は自然界に存在し、人間の必須ミネラルでもある亜鉛(酸化亜鉛)です。添加剤のオイル類もすべて天然由来。これらの素材はナノ化処理(微細化)もしていません。天然素材でも、過度に粒子を小さくすると毛穴などをふさいでしまうおそれがあるからです。

肌に優しいだけでなく、海の生態系も考えた日焼け止めクリームがあることを、ぜひ知っていただきたいと思います。

ハワイには、海洋環境を守るためにビーチで使う日焼け止めの成分を規制する条例も作られています。天然素材への回帰と選択は世界的な流れ。そんなムーブメントを、良質な製品を通じて今後も沖縄から発信していきます。

呉屋由希乃(ごやゆきの)さん
ジーエルイー合同会社代表 1979年沖縄県生まれ。琉球大学中退。趣味のシュノーケリングをしている際、座間味島で居合わせたダイバーから日焼け止めについての指摘を受け、海の環境問題の重大さに気づく。それをきっかけに100%天然素材の『サンゴに優しい日焼け止め』を自ら開発&啓発活動を続けている。

 

サンゴ礁は海の守り神

そもそもサンゴ礁とは、海の様々な生き物の住み家や産卵場所にもなり、海洋生態系の中で大変重要な役割を担っています。

サンゴ礁がなければ、海中のCO2濃度のバランスが崩れ、海洋生物すべてに大きな影響があるとも言われています。また、強い海流や高波を和らげる防波堤として、海岸線を守る役割も担っています。

沖縄のサンゴ礁は、規模が急激に縮小している。海水温の上昇、サンゴを食害するオニヒトデの増加、開発による赤土の流入、有機物、化学物質による水質悪化などさまざまな要因があるが、いずれにも人間活動が関わっている。

エコライフ関連のイベントには積極的に参加。海の環境問題を考えるシンポジウムなどでもパネラーとしてサンゴの危機について発言してきた。「小さな取り組みですが、多くの方が支持してくれています」。誰よりも故郷・沖縄の海が大好きで、かけがえのないサンゴ礁を大切にしていきたいという思いがある。だからこそ、沖縄の海を翻弄している複雑な政治状況に人一倍胸が痛む。

 

「サンゴに優しい日焼け止め」詳しい情報やご購入はこちらから
https://shop.slow-village.jp/products/detail/412

関連記事

特集記事