旅のこと

旅で学ぶこと。

エドファームに滞在している人たちは皆本当に個性的でした。

アメリカ人、イギリス人、カナダ人、フランス人、ドイツ人、ネパール人。

アメリカ人は、基本的に自由奔放でリーダーシップを取る感じ。
イギリス人は、何に対しても几帳面でテントや洋服もいつもキレイでした。
カナダ人は、バランスが非常に取れていて、ユーモアもあり、国際感覚もあり、誰とでも仲良くやれるという雰囲気。
フランス人は、何かこうぼーっとしているかと思うと、急に「え?そのテンション凄いなぁ」みたいな感じ。
ドイツ人は、生真面目で日本人に似た雰囲気があり、賢い、手先が器用、そんなイメージ。
ネパール人は、どこか昔の日本人のようで、温かみがある感じ。

僕がこのファームで「楽しいなぁ」と思ったのは、こうした多国籍な仲間15人くらいが入れ代わり立ち代わり、このファームに出入りしていることでした。

年齢も様々で、カップルがいたり、離婚をしての一人女旅だったり、学生だったり・・・。

ある時は、エドの車でマウナケアの頂上まで行ったり、島の反対側のコナまで行って、数泊のキャンプをしたりもしました。

皆で知恵を出し合い、皆でお金を出し合い、皆それぞれが得意分野を発揮し、輪になり、世界が広いと感じたり、狭いと感じたり。

20141011-2
20141011-3
20141011-5

そして、夜は決まってビールを飲みながら、キャンプファイヤーをしながら、皆の夢を語り合いながらも、「どうしてハワイ島へ来たの?」、「家族は?」、「君の国の歴史は?」などと、そんな話を英語でしました。

ギターを弾きながら歌う人がいたり、ジャンベを叩く人がいたり、踊り狂う人がいたり、ひたすら聞き役に回っている人がいたり、毎日毎日、15人くらいの多国籍なメンバーといると、カルチャーショックの連続でした。

僕はその時に感じていました。

僕には友達が世界中にこんなにも多くいる。
どんな国でも友達をつくることができる。
自分の枠を飛び越えよう。

そして、エドに自分の愛するサーフポイントのビーチクリーンをしたい旨を伝えると、さすがはアメリカ人、即実行!

「ナオヤ~、グッドジョブ!」ってな感じ。

20141011-4

エドのダットサンの荷台に青い大きなシートを広げ、そこにビーチの木陰に落ちていてずっと気になっていた空の瓶ビールだとか、スナック菓子の袋だとか、そんなものをエドのファームの4人ほどでやりました。すると、その光景を見ていたいっつもビーチにいるおじさんの集団が「ナオヤ~、グッドジョブ!」、「ジャパニーズ!」とか言いながら、手伝ってくれました。その光景や様子は、日本では有り得ないことでした。

良いことは良い、良いことは即実行!

さすがはアメリカ。

20141011

このハワイ島にいる間、僕が稼いだお金はもちろんゼロで、使う一方。

ですが、この時の時間はお金では決して買う事のできない、そんな25歳なのでした。

つづく。

関連記事

  1. 旅のこと

    ハワイ島のノニファーム。

    ネットで格安の航空券を見つけ、サンノゼ空港からオアフ島のホノルル空港へ…

  2. 旅のこと

    正にパラダイス。

    さて、ノニファームの仕事も段々と慣れてきた頃(約1週間ほど)、段々とハ…

  3. 旅のこと

    ペレの住む島。

    ハワイ島には女神ペレが住むという古い言い伝えがあります。僕は2…

  4. 旅のこと

    25歳の頃。

    今から12年ほど前の25歳の春、僕はウェットスーツと適当な衣服と現金8…

  5. 旅のこと

    エドファームでの出来事。

    @ハワイ島のエドファームにステイしている間、本当に色々なことがありまし…

  6. 旅のこと

    120%の日々。

    ハワイ島にステイしている間に、僕は色々な挑戦を、実に楽しみながら実践し…

コメント

    • TOMOKO
    • 2014年 10月 11日

    ブログいつも楽しみに読ませて頂いてます!

    読んでいるうちに
    私の人生は何だったのだろうか
    と寂しい気持ちになりました。

    もっと早く視野を広げていたら
    毎日同じ生活を過ごすことな
    なかったのかな…と
    ブログをみて感じました!

    チャレンジ精神と人と自然の繋がり、とてもかっこいいです!

    私も今の狭い世界から
    抜け出したい

    小さな子どもがいますが
    わたしには
    世界を見るチャンスは
    あるかな?

    日本の中でもいい、
    自然と一緒にマイペースに
    自由に暮らす方法は
    どうしたら良いのか…

    旦那のあたまは堅く
    毎日毎日仕事…
    ブログの通り
    台風でも仕事に行きました。

    仕事をしてくれることは
    有難いです。
    しかしうちの子ども
    父親は毎日仕事でいなくて
    外で遊ぶという子どもの自由な発想が下手だと思う。

    それは私達、親のせい?
    私は海も山も大好きだけど
    都会に住んでると
    たまーに触れるだけ…
    いつかうちの子どもも
    公園に行って
    ゲームをして帰ってくるのかな?とか
    色々考えると
    悲しくなります。

    お金があればすぐに
    行動できるのにと
    お金のせいにしている
    私。
    でも生活するのにお金は大事。

    とにかくスロービレッジさんの
    ブログに感動している私。
    チャンスの掴み方を
    しりたいけど
    自分で掴むものと分かってる。
    でも私は絶対この苦しい都会から脱出してやる〜
    まだまだ相談したいけど
    愚痴になりつつあるので
    またブログから力下さい^ – ^

  1. 一度、南伊豆にご家族でいらしたらどうですか?金目鯛フルコースを家族皆で堪能して、温泉入って、弓ヶ浜の星降る夜を散歩し、朝日を身体いっぱいに浴びてビーチウォーキングするだけでも心が洗われ、シンプルになっていきますよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
PAGE TOP