自己紹介

僕の仕事。

僕は、湘南から南伊豆に移住してきてから、まずは、林業事業体で9ヶ月間お世話になりました。

それはそれは、今までのどんな仕事よりも、厳しくタフな仕事でした。

そして、その間に親方や先輩方、多くの新しき仲間たちに出会うにつれ、「やはり、南伊豆に来たのは間違いでは無かった!」と確信に至りました。

湘南にいたころ、僕は、毎週末、3歳~幼稚園児、小学生を預かり、湘南から電車・バスなどで移動できる海・川・山でたくさんの自然体験を実施していました。

ところが、3年前の311に原発事故が起きて、参加者が激減し、奥さんと相談して、南伊豆に移住することに決めたのです。

僕ら夫婦の会話の中に「いずれ、田舎でのんびり暮らすのも良いよね~」と思っていたことが、あの日を境に、「今だ!」とスイッチが入ったのです。

そして、ここ南伊豆で現在、サーフィン教室をはじめ、様々なエコツアーや、小学生を対象にした合宿などを年4回実施しています。

僕が今、一番力を入れていて、一番可能性を感じているのが、「エコサーファー冒険くらぶ」というものです。

野外体験をしたい、もしくは親がさせたいと思っている小学生が全国から集まります。

定員は各キャンプ14名と少人数です。

中にはハーフの子もいたり、男女混合、生まれた場所も違えば、小学校も違うし、学年も違うし、この日初めて会う子たちばかりで、お互いに友達ゼロからのスタート。

・・・ですが、親元を離れ、不安な気持ちは誰もが同じく抱えていて、行きの電車の中のわずか2時間ほどで、皆は全員の名前を覚え、仲良くなってしまうから子供というのは本当に素晴らしいと思うのです(大人が見習うこともたくさんあります)。

そういった環境下の中、子ども達は、自己表現と野生の感というものを磨いていきます。

「どうしたら、この輪の中に入れるのだろう?」
「どうしたら、あの子と仲良くなれるのだろう?」
「どうしたら、あの子を慰めてあげられるのだろう?」
「昨日の海の色と今日の海の色は違う」
「昨日見た星がとてもキレイだった。だから僕は帰ったら星の本を読みたいな」

そこにキャプテンという名の僕はいますが、大したアドバイスもせずに、彼らと「ある一定の距離」を保って、どうしても!という時だけ声を掛けるようにしています。

そして、彼らは自分自身の力で、自分自身を大きく育てていきます。
だけど、自分ひとりの力のようで、それは友達の力も借りていることも、どこかで分かっています。

そこにドーンと自然!の背景が広がっています。

見るもの、聴くもの、出会う人など全てが感動で、初めてで、嬉しくてたまらないのです。

そんな気持ちを、最高の仲間たちと共に心の底からシェアします。

それはそれは、凄い2日間、3日間、4日間になるのです。

そういう仕事を、僕は、ラッキーなことにさせてもらっています。

最後に宣伝です。

そのエコサーファー冒険くらぶの各キャンプ詳細が決まりましたので、ぜひ、たくさんのシェアをよろしくお願いします。

20140330-2

関連記事

  1. 自己紹介

    はじめまして。

    はじめまして。 「スローヴィレッジの、未来につながる食と生活」のブログ…

  2. 自己紹介

    Keep on Surfing

    大学を卒業して、いわゆるIT系のサラリーマンをやっている頃、同じ職場の…

  3. 自己紹介

    自分の意見を持つということ。

    自分の意見をしっかりと持つことが、これからの世の中、特に大切なことだと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP