浸透性を上げる方法を分かりやすくご紹介します。

以下の3つのグラスの中には、綿100%のポロシャツ2g分がそれぞれに入っています。

違うのは、左から順に・・・

・水の中にそれを入れたもの
・水の中に家庭用洗濯洗剤「All things in Nature」を入れたもの
・水の中に家庭用洗濯洗剤「All things in Nature」を入れ、よ~く攪拌させたもの

20131122

一番早く沈んだのは、一番右の「水+洗剤→攪拌」のものでした(入れた瞬間に沈んでいきました)。

その後、10秒ほどして、真ん中の「水+洗剤」のみのものが沈みました。

「水」のみのものは、5分経っても、10分経っても沈まずに浮いていました。

この実験結果から見えてくることは、水と洗剤をよく混ぜてあげてから洗濯物を入れてあげると、浸透性が上がり、洗濯物の汚れがより一層落ちるということです。

この実験結果を踏また上で、同じことを洗濯機の中でやると・・・

普通に洗濯する時は

(1)洗濯機の中に洗濯物を入れる
(2)洗剤を入れる
(3)スタートボタンを押す

という流れになります。

これを・・・

(1)洗剤を入れる
(2)「洗い」のみを選択して、しばらく攪拌する
(3)洗濯機の中に洗濯物を入れる
(4)スタートボタンを押す

20131122-2

としてください。この方法によって、「水+洗剤→攪拌」後の中に洗濯物を入れることになるので、浸透性がグンと上がり、洗濯物の汚れもより一層落ちます。

もしくは、

(1)前日に洗濯機の中に洗濯物を入れる
(2)前日に洗剤を入れる
(3)前日にスタートボタンを押して、洗っている途中で一旦停止する
(4)当日に再開する

としてください。この方法により「浸け置き」ができますので、浸透性がグンと上がり、洗濯物の汚れもより一層落ちます。

ぜひ、お試しください。

※ドラム式ですと、水を貯めた状態の中に洗濯物を投入することができないため、この方法がお試しできません。ご了承ください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの使う洗濯洗剤で、海はもっときれいになります。家庭から流れ出た生活雑排水が水質汚染を引き起こし、その要因として大きな問題になっているのが洗濯洗剤です。
海を健康にすればどうすれば良いか?地球への優しさ、人への優しさを真剣に考えています。

ショップ情報