販売協力店のご紹介(星砂荘@鹿児島県大島郡与論町)

販売店さんの取材レポート

今回は、鹿児島県最南端の島である与論島で民宿『星砂荘』を経営し、今年から与論町観光協会の会長に就任しながら、島の観光振興を図る永井さん夫妻を取材させていただきました。

どのようなキッカケで「オールシングス・イン・ネイチャー」を知っていただけたのですか?

永井さん(旦那さん)
木村さんの講演(2015年6月にオールシングス・イン・ネイチャーの開発者である、がんこ本舗社長の木村正宏氏が「きむちんの洗剤学校」を与論島で開催)がきっかけです。環境に興味があっても、そういう出逢いがないと、実際にやり始めないですよね。

20161107

環境問題には元々関心があったのですか?

永井さん(旦那さん)
元々、排水の匂いを抑えるためにEM菌を使っていて、与論島内の道路工事とかで赤土が海に流れて、サンゴや魚に悪影響を与えることがあったから、その頃「全家庭でEM菌を使うような動きができないか」ということも考えていました。

実際に「オールシングス・イン・ネイチャー」を使ってみて、いかがでしょうか?

永井さん(奥さん)
主婦にとっては、すすぎが1回で済むのが嬉しいです。洗濯は毎日のことだから、時間も短くて済むし、洗い心地も良いし、環境にやさしいっていうのが、良いことですね。通常の市販洗剤は、海に良くないって聞いていましたから。

香りも良いですね。元々、私は匂いが強いのは苦手でした。香水とかコロン、整髪剤とか…。オールなら、ずっと使っていけます。それに、オールを使うようになってから、市販洗剤の匂いが「キツイな…」と感じるようになりました。最近は香りが強い洗剤が多いけど、それも公害の一つで、電車の中で気分が悪くなるという人がいるっていう話もありますよね。私の場合、車、タクシーの香りもダメです。食欲も落ちちゃいます。家では手作りのヨーグルトを食べていますが、市販の加工品だと甘さがきつく感じますが、洗剤も食べ物も同じことなのでしょうね。

20161107-2

お知り合いの方への評判などはいかがでしょうか?

永井さん(奥さん)
知り合いも使い始めて、「洗剤の量が少なくて済むから経済的!」って話していました。自分たちは、10ヶ月前に1箱(キューブボックス5リッター)を買ったけど、まだまだ残っています。その知り合いの方は、自分の娘さんから勧められて使い始めたみたいです。じいちゃんやばぁちゃんや島の昔の人たちは、環境保全のことを言われて育ってきた訳じゃないけど、今の若い人たちは、学校でもキチンと環境のことも教わっていますからね。

これから先、洗剤について考えていることがあれば、教えてください。

永井さん(奥さん)
時々「洗濯用の洗剤が欲しいです!」というお客さんもいます。特に、今は環境とかお肌のこととか気にする人も多いですしね。毎日使うものだから、安心が一番!

最後に、与論島の自然に対する想いを聞かせていただけないでしょうか?

永井さん(旦那さん)
与論島の海に対しては、みんな想いは一緒だと思います。次の世代に残していくために、自分の代で使い切らないってこと。そのために、今、何ができるか考えて、行動に移していくことが大事!

永井さん(奥さん)
自然や環境にも限りがあって、決して、いつまでもあるものじゃないってことですね。無くなってから、「しまった!」って思うようなことだってありますよね。だから、そういうことをちゃんと伝えて、教えていかないといけないですよね。特に年代の高い人はそういう意識があんまりないかなぁ。昔、戦争中・戦後の頃は、生きる&食べることに一生懸命で、自然のこと、その素晴らしさを教わっていないですからね。農薬のこともそう… 生活がかかっているから。理想だけではやっていけない。でも、今は、少しずつ生活が成り立ってきているから、自然環境のことにも目を向けていけると思います。「欲」ってキリがないですし、でも、区切りをつけないと入るもの(得られるもの)も入ってこないですよね。

永井さん(旦那さん)
この島には都会の様な娯楽施設はないけど、無いものにこだわる必要は無いと思っています。大事なことは『良いところをどうやって生かしていくか』ということ。それは、環境を守ることにも繋がっていきます。今が「恵まれていること」を伝えていくことですね。

永井さん(奥さん)
でも、そういうことを家族から言われても信用されないから(笑)、第三者が分かりやすく伝えていくことが大切かなぁ。地道に伝えて、実際にやっていくことが、大事ですよね。

貴重なお話を本当にありがとうございました。今後とも「オールシングス・イン・ネイチャー」そして、美しい自然を守っていくため
に、よろしくお願いいたします。

20161107-3

<プロフィール>
オーナー 永井 新孝さん
鹿児島県与論島在住の52 歳。小学5 年生の時に父親が民宿「星砂荘」を開業。現在は2 代目として経営を行っている。2015 年7 月に同民宿内で「オールシングス・イン・ネイチャー」の販売を始め、翌年2016 年からは、与論町観光協会の会長に就任。島の観光振興を図るとともに、環境保全にも積極的に取り組んでいる。

民宿・星砂荘
〒891-9306 鹿児島県大島郡与論町東区616-3
TEL 0997-97-3710 http://www.hoshizunasou.com

取材日/2016年5月

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの使う洗濯洗剤で、海はもっときれいになります。家庭から流れ出た生活雑排水が水質汚染を引き起こし、その要因として大きな問題になっているのが洗濯洗剤です。
海を健康にすればどうすれば良いか?地球への優しさ、人への優しさを真剣に考えています。

ショップ情報