酵素の基礎知識

「酵素」というとまず消化酵素などを思い浮かべますが、そもそも、酵素とはいったいどのようなものなのでしょうか。

酵素がないと生きられない!

酵素とは、私たちの身体の中のすべての生命活動を支えるもので、人が健康に生きていくうえで欠かせません。見たり聞いたり、歩いたりという人間の行動や、消化吸収、呼吸、筋肉や細胞の生成など、目に見えない身体の中の働きもすべて化学反応によって行われていますが、そうした化学反応の仲立ちをするのが、酵素の役割です。

たとえば、私たちは脂質、ビタミン、ミネラル、たんぱく質などの栄養素を必要としますが、それらをいくら摂り入れても酵素がなければ身体に吸収されず、エネルギーとして働かせることもできません。栄養素は消化器官で酵素によって分解され、吸収するのに適した形に再び組み立てられ、はじめて身になるのです。

体内でつくられる「消化酵素」 と 「代謝酵素」

酵素は基本的には体内でつくられますが、それを「潜在酵素」といいます。
その種類は数千、数万ともいわれており、たとえば唾液には炭水化物を分解する酵素アミラーゼが、胃液にはたんぱく質を分解する酵素ペプシンなどがあります。

酵素は種類によって消化、呼吸、ホルモンバランスの調整、筋肉の生成などそれぞれ特有の役割があり、ほかの機能を肩代わりができないという特徴もあります。

002

「潜在酵素」はその役割によって、「消化酵素」と「代謝酵素」の2つにわけることができます。

まず「消化酵素」とは体内に摂り入れた食物を消化吸収するための酵素です。

一方「代謝酵素」は、新陳代謝を行うための酵素です。
「消化酵素」によって消化してつくりだされたエネルギーや栄養を、「代謝酵素」が体内のあらゆる器官にいきわたらせ、細胞の生成やホルモンバランスの調整、呼吸、免疫力の活性など、身体を正常に動かす役割を果たしています。

こうした「消化酵素」「代謝酵素」が充分に足りて、消化、吸収、代謝というサイクルがうまくまわっているのが健康な状態です。

「消化酵素」 は大事に使う

「潜在酵素」の生成能力には限度があり、20歳をピークに減りはじめ、40歳くらいで急激に減少し、その質も落ちていくといわれています。そう考えれば、年齢を重ねると次第に消化や代謝も若い頃のようにいかなくなるのも納得がいきます。

また、「潜在酵素」は必要に応じて必要なだけつくられるもので、1日に生成できる量にも限度があります。

00
※体内でつくられる酵素には限度があり、「消化酵素」と「代謝酵素」のバランスをいかにとるかが、健康づくりのポイントになる。「消化酵素」をたくさん使えば、その分「代謝酵素」が減ってしまう(左)。「消化酵素」を節約すれば、「代謝酵素」を増やすことができる(右)。

「潜在酵素」は、まずはじめに「消化酵素」に使われ、残った分が「代謝酵素」に振り分けられます。
年齢を重ねて酵素の全体量が減っても、若いときと同じような食生活をしていれば、「消化」に多くの酵素を使ってしまい、「代謝」に振り分ける酵素が足りなくなってしまいます。するとせっかく消化してつくった栄養素やエネルギーは生かされず、体内に留まって贅肉になってしまうことも。

「消化酵素」の生成が追いつかないほどの暴飲暴食や不摂生を続ければ、食べたものが消化されないまま腸内や血管の中に留まり、悪さをすることもあります。

酵素不足で、消化、吸収、代謝、というサイクルがうまくまわらなくなると、何らかの不調が起きてしまうのです。

「食物酵素」 を効率よく外から補う

体内でつくられる「潜在酵素」の他に、食物に含まれる「食物酵素」があります。「食物酵素」は野菜や果物などの生鮮食品、味噌や納豆、ヨーグルトなどの発酵食品に多く含まれています。

「食物酵素」自体が身体に直接働きかけると勘違いしがちですが、そうではなく、食材の酵素は、その食材自身を分解し、新たな栄養を生成する作用があり、それを食べれば身体に必要な微量の栄養成分を効率的に摂れるということです。

同時に「消化酵素」の節約にもなり、「代謝酵素」を増やし、新陳代謝を高めることにつながります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ