スマホサイトを見る

野草酵素 酵素八十八選のスローヴィレッジ

ようこそゲストさま

いらっしゃいませ!ゲスト様 いつもありがとうございます

マイページ

毎日 9:00~18:00(土・日・祝日も受付)
通話料無料(携帯電話、PHSからもOK)

メニュー

やってみよう、ファスティング!

ファスティングを個人で行う場合は、最長でも3日が限度です。ダイエット目的だと「早く痩せるには長く続けたほうがいいのでは?」などと思いがちですが、それは機能障害を起こす可能性もあり危険です。

長く続けるのは逆効果 最長3日を必ず守って

断食は身体に必要なエネルギーの供給を断つことで、その状況が長く続けば、体脂肪だけではエネルギーの供給がもたなくなり、筋肉がそれに使われて減ってしまいます。筋肉が減れば基礎代謝率が下がり、かえって痩せにくくもなってしまうのです。

「3日間も空腹に耐えられそうにない」という人は、最初は半日、または1日から様子をみながら始めてみてもいいでしょう。夜に空腹を感じたら、早めに寝てしまえば気がまぎれ、良質の睡眠は酵素の働きをよくするので一石二鳥。

より手軽には、寝る4時間前には食事を終えて何も食べないようにし、その後12時間断食をするという方法も。自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか。

激しい運動を避け、ゆっくり過ごす

ファスティング中には、激しい運動を避け、ゆっくり過ごすことが基本です。 エネルギーの補給が普段よりも少ないので、運動をしてエネルギーをたくさん消費すると空腹感が強くなり、肉体的にも精神的にも辛くなってしまいます。「運動すればさらにエネルギーが消費されるのでは?」とも思ってしまいますが焦りは禁物です。

ファスティングはなるべくエネルギーを消耗しないですむ、穏やかにすごせる日を選んでスタートしましょう。できれば外出も控え、読書などをして過ごすのがベストです。ダイエットをするなら、女性の場合、月経が終わってから排卵日までの1週間ほどがおすすめ。この時期はホルモンの関係で痩せやすいといわれています。

また一度ファスティングを行ったら、次に行うまで1ヶ月以上期間をあけるようにします。今はファスティング中の栄養補給には、必要な栄養素がすでに酵素の力で分解、生成されている発酵系の「酵素ドリンク」を用いるのが主流です。 栄養素が速やかに吸収されるので身体に負担をかけず、「潜在酵素」をすべて代謝に生かして、デトックス効果をアップさせることができます。

これだけは守って! ファスティングの注意

    (1)妊娠中、授乳中の方、また15歳以下の身体が未発達の方、体調のよくない方は行わないでください。服薬中の方、持病をお持ちの方は、主治医にご相談ください。

    (2)ファスティング中は注意力の低下や血圧の変化が生じやすいため、自動車などの運転、激しい運動、熱めのお湯での長時間の入浴は避けてください。

    (3)疲れやめまい、イライラ、下痢などの症状が重い場合や長引く場合は、ファスティングを中止し、胃に消化吸収のよい復食(回復食)を摂りましょう。

    (4)ファスティングは基本的には医師の指導のもと行うものです。自身で行う場合は自己責任のもと、気になる症状や体調の変化があった場合は中止し、医師の診断を受けましょう。

    (5)ファスティングの効果には個人差があります。体調を充分に観察しながら行いましょう。不調を感じたときは、天然塩をひとつまみ舐めてミネラル補給をするだけで体調が回復する場合もあります。

    (6)一度ファスティングを行ったら、次に行うまで1ヶ月以上期間をあけましょう。



    準備と復食がポイント!酵素八十八選で行う正しいファスティング法

    断食の前後に「準備」と「復食」の期間を設けるのが、成功の大きなポイント。 特に、復食期間は胃腸に負担をかけないよう、消化に良いものをよく噛んで食べましょう。

    酵素ドリンクがファスティングに適しているのはなぜ?

    酵素や酵母などの日本古来からある発酵技術を応用し、野草・野菜・果物などの原料を発酵させることで栄養分を低分子化し吸収しやすい栄養ドリンクにしたのが、『酵素八十八選』です。 ビタミン・ミネラルなどの栄養もバランス良く含まれているため、各栄養素を手軽に摂ることができます。また、野草を原料にしているため、力強い生命力やエネルギーを感じることができるのです。

3日ファスティングコース

「酵素八十八選」( 120ml)を1日3回、朝昼夜に飲みます。(1日360ml以上であれば、例えば6回など何回に分けても かまいません)また、一日2L以上を目安に、良質な水分をとるこ とをお勧めします。冷えやすい体質の方は、軽くストレッチをしたり、ハーブティーやノンカフェインの温かいものを飲んでも良いでしょう。

断食中「1日目、2日目、3日目」

・酵素八十八選120ml/回を3食(朝・昼・夕)
・または、酵素八十八選 60ml/回を6回(8時・11時・14時・17時・20時・就寝前)

●3日酵素断食(ファスティング)をするには、3日後の(捕食1日~3日)の分も含め、最低酵素八十八選が2本必要です。

●断食中の1日の酵素八十八選の最低量は360mlを推奨しています。

●回数を分けて、酵素八十八選60ml/回を6回(8時・11時・14時・17時・20時・就寝前)でも大丈夫です。

●お好みにより水で薄めても問題ございません。

●水道水ではなく、なるべくミネラル豊富な良い水をお選び下さい。

●ファスティング中は、体内に必要な塩分が不足してしまいますので、ミネラル分が多い良い自然塩や梅干しなど塩分が含まれた食材を摂るようにしましょう。

●回復食の期間は、ファスティングによって、体が浄化され腸内環境も整った状態となり、胃腸の栄養吸収力が高まっている状態なので、「食事の質に注意して、動物性タンパク質を食べない期間」としましょう。つまり、避けたほうがよい食材は、添加物が含まれるもの、動物性タンパク質、乳製品、揚げ物、油っこいもの、小麦(パン、麺類)、お酒、スイーツなどです。

●3日間の回復食を終えてから、徐々に食べるようにしましょう。また、回復食期間の食材を選ぶポイントは、準備食と同様「まごわやさしい」の、ビタミン、ミネラル、食物繊維が多い食材を選ぶようにして下さい。そして、味覚の変化も感じてみてください。ファスティング前に美味しいと感じていた感覚に変化があるかもしれません。(血糖値が高めの方は、この期間、糖の吸収力も高まっているので、糖質は控えましょう)

回復食「1日目」(例)

よく噛んで食べる事を意識して下さい。食材の味を楽しみながら、よく噛む事で、脳への刺激になり、無駄な食欲を抑えることもできます。

【朝食】酵素八十八選40ml、みそ汁(具なし) or 野菜スープ
【昼食】酵素八十八選20ml、お粥半分~8分目、梅干しorスムージー、十割そば
【夕食】玄米粥8分目、みそ汁(わかめ、豆腐など) or 野菜スープ、煮物、酢の物、漬物
【就寝前】酵素八十八選40ml

回復食「2日目」(例)

【朝食】酵素八十八選40ml、みそ汁 or 野菜スープor スムージー
【昼食】酵素八十八選20ml 、野菜スープ、米類 or 十割そば 納豆、大根煮物、梅干し、漬物
【夕食】 玄米粥8分目、みそ汁 or 野菜スープ、豆腐ハンバーグ、  もずく酢の物、キャベツと塩昆布のサラダ(ドレッシング なし)、きんぴらごぼう
【就寝前】酵素八十八選40ml

回復食「3日目」(例)

【朝食】酵素八十八選40ml、 みそ汁 or 野菜スープor スムージー
【昼食】酵素八十八選20ml、米類 or 十割そば、サラダ(ドレッシ ングなし)、納豆 大根煮物、梅干し、漬物
【夕食】 玄米8分目、野菜スープ、白身魚
【就寝前】酵素八十八選40ml

一日ファスティングコース

【起床時】1、2杯(200~400cc)の水を飲みます
【朝食】酵素八十八選90ml
【昼食】酵素八十八選90ml
【夕食】酵素八十八選90ml
【就寝時】酵素八十八選90ml

半日ファスティングコース

つい食べてしまいがちな夕食を置き換え。半日酵素断食は、毎日行っても効果的です。前日の夕食が18時で当日の昼食が12時だった場合、胃腸は18時間も休息出来たことになりますので、効果は十分期待出来ます。

【朝食】ふだん通りの食事
【昼食】ふだん通りの食事