ガスコンロの五徳と換気扇の掃除!

お掃除全般(万能スプレーなど)

クリスマスが終わった瞬間、一気に大掃除モードに突入ですよね…。

普段使っている調理器具なども含め、ピカピカにして新年を迎えましょう!

さて、ここ数年、我が家で実践している”ガスコンロの五徳”と”換気扇”の掃除の方法についてご紹介します。

まず、シンクの排水口にウエスなどを入れて、水が流れないようにします。

その後、シンクにお湯を張り(10リッター程度)、洗濯用洗剤「All things in Nature」を2プッシュ(2ml)+セスキ炭酸ソーダを大さじ1杯(15g)入れてよ〜くかき混ぜます。

そこに五徳を浸け置きすると、こんな感じになります。


30分程度放置すると、表面に付着している油汚れなどが白く浮き出てきますので、たわしなどで軽くこすると、かんたんに油汚れが落ちます。細かな箇所は使い終わった歯ブラシを使ってキレイにします。




すると、どうでしょう…。

ご覧のような、まるで新品の五徳に生まれ変わります。

浸け置き後のシンクにたまっている液体は、洗濯用洗剤「All things in Nature」が油汚れを包み込だ後に水のベールを作り、排水溝を通った後、速やかに生分解されますので、そのまま流していただいても自然環境に負担はありませんので、ご安心ください。


次は換気扇の掃除です。

換気扇には洗濯用洗剤「All things in Nature」を4倍の水で希釈した”しっかり洗剤”がとても重宝します。

洗濯用洗剤「All things in Nature」専用空ボトルスプレーですと、オール45プッシュ(45ml)+水180mlで、225mlのすっきり洗剤ができます。


こちらを換気扇のパーツなどにシュッシュと吹きかけて、汚れと洗剤を馴染ませながらウエスで拭くと、ご覧のようにキレイになります。換気扇の羽の部分や網なども同様の方法でキレイになります。


ガスコンロの五徳、換気扇の掃除の際には、ゴム手袋が必須です。素手ですと、油汚れが手に付着しますし、鋭利な部分などで指先を切ることもありますので、そのような際の防御にもなります。

また、セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性ですので、肌の弱い方には特にゴム手袋の着用がオススメです。

ぜひ、大掃除などにお試しください。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの使う洗濯洗剤で、海はもっときれいになります。家庭から流れ出た生活雑排水が水質汚染を引き起こし、その要因として大きな問題になっているのが洗濯洗剤です。
海を健康にすればどうすれば良いか?地球への優しさ、人への優しさを真剣に考えています。

ショップ情報