残留界面活性剤の量を教えてください。

質問&回答
2kgの洗濯物を「洗い→脱水」した時の残留界面活性剤の量は、以下の計算式で求めることができます(※すすぎは0回/縦型の洗濯機)。

オールは、水30Lに対して、洗濯物は2kg投入することができます。



水30Lの時に使用する洗剤量は5ml(5g)、
そのうちの界面活性剤パーセントは16%です。

つまり水30Lに溶けている界面活性剤量は、
5g×0.16=0.8g
となります。

水1Lあたりは、0.8÷30=0.02666667g[約0.02667g]溶けていることになります

洗濯物1kgあたりに残る残水率は50%ですので、0.5L残っていることになります。

オールすすぎ0回型は、洗って、脱水するだけですので、

洗濯物1kgに対しての残留界面活性剤量は、
0.02666667×0.5=0.01333333g[約0.01333g]となります。

この量が多いと感じるか感じないかは、皆さんでご判断していただければと思います。

アドバイスとしては、(1)生分解性、(2)洗剤の質(皮膚と環境の両方からのリスク度)、(3)洗剤の量(値は小さいほどリスクが低い)の3点を考えていただければと思います。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの使う洗濯洗剤で、海はもっときれいになります。家庭から流れ出た生活雑排水が水質汚染を引き起こし、その要因として大きな問題になっているのが洗濯洗剤です。
海を健康にすればどうすれば良いか?地球への優しさ、人への優しさを真剣に考えています。

ショップ情報