給食後の拭き取り前と拭き取り後のgの差!

寄附と活動

昨日、南伊豆町にある小学校の新6年生の給食にお邪魔してきました。

写真は、カレーを食べ終わった後の「拭き取る前の重さ」と「拭き取った後の重さ」を図り、その差を示した表です。



分かったことは、22名(生徒21名+先生1名)のお皿には1名を除き、1〜4gの食べ残しがお皿に残っていて、その平均値は2.045gであったということです。

これを単純に136人(全校生徒+先生の人数)×180日(年間の給食を食べる日数)×2.045g=50061.6gという計算式から、年間で約50kgの油を排水口に流さずに済む…という数字となりました。

*給食内容は毎回違いますから、そこは大体という数字となります

数字が出ると、俄然、やる気が出てきます!!!

学校で取り組むことが可能なSDGsの一つのモデルをつくりあげるために、今年度はどんどん動きます!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

あなたの使う洗濯洗剤で、海はもっときれいになります。家庭から流れ出た生活雑排水が水質汚染を引き起こし、その要因として大きな問題になっているのが洗濯洗剤です。
海を健康にすればどうすれば良いか?地球への優しさ、人への優しさを真剣に考えています。

ショップ情報