家族のこと

男の子の”手づかみ登竜門”な存在。

昨日、長男大地が幼稚園から帰宅し、お昼寝をして、
僕も時間に余裕があったので、夕食までの2時間くらい、
弓ヶ浜のビーチで二人で遊んできました。

弓ヶ浜のビーチの東側には、ちょっとした磯が広がっているのですが、
そこにはカニ、ヤドカリくらいだったら、結構、捕れます。

そこで、大地に小さいカニの捕まえ方などを伝授してきました。

20130417

僕、思うのです。
カニというのは、「男の子の手づかみ登竜門な存在」ではないかと?

我が子は、ダンゴムシ → テントウムシ → バッタ
そんな順番で手づかみができるようになりました。

ところが、このカニというやつは上の生き物たちと違って、
ハサミが付いていますから、下手をすれば、指を挟まれ、
痛い思いをする訳です。

だから、その「挟まれるかも?」「痛いかも?」という恐怖心と
「自分の手で実際に捕りたい!」という好奇心の戦いが、
3歳の頭脳の中で展開されている訳です。

一緒にカニ捕りをしていると、その辺りの葛藤がよーく分かるのです。
「それ、確実に捕れたでしょ?」と思えるような瞬間もたくさんあり、
自分が臆病なだけで、もう逃げられること前提で手が動いている訳です。

しかし、こうして子どもは成長してくのだろうなと余裕な父です。

『好きこそものの上手なれ』
生き物が好きならば、時には痛い思いをしながらも、
彼自身のペースで確実に捕まえられるようになりますからね。

そして、帰宅してから、必ず図鑑を開き、
ああじゃない、こうじゃないと復習をする親子なのです笑。

関連記事

  1. 家族のこと

    泥だらけの楽しい田植え体験。

    梅雨の晴れ間に、我が家の毎日の食卓にあがるお米の農家さん(大喜米)の田…

  2. 家族のこと

    お宮参りと桜。

    先日、我が家の姫こと、百花(ももか)も1ヶ月を過ぎたので、お宮参りに行…

  3. 家族のこと

    ぽっぽ時計。

    昨年のクリスマスプレゼントにと、奥さんのお母さんに鳩時計を頂きました。…

  4. 家族のこと

    主婦の文化。

    堀家、嬉しいことにたくさんのこども服を皆さんから頂きます。なので、我が…

  5. 家族のこと

    親も子も日々成長。

    長男の大地は、先週の金・土・日曜日と熱が下がらず、自然療法で処方するも…

  6. 家族のこと

    熱海の先生。

    昨日、口コミでは大変評判が良かった熱海の「青木クリニック」という皮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP